ラシックスの注意事項について

ラシックスは利尿剤として、腎臓に作用して尿量を増やし、体の余分な水分やナトリウムを排泄させてむくみを取ったり、血圧を下げたりする働きがあり、腎性浮腫、心性浮腫、肝性浮腫、月経による浮腫などの浮腫治療や高血圧症、悪性高血圧、尿路結石の排出促進などに用いられます。では、ラシックスの注意事項は何でしょうか?本文では、ラシックスの注意事項についてご紹介します。

ラシックスの飲み方は、夜寝る前に飲んでしまうと、夜間トイレに行く回数が増えるので、おすすめできません。またラシックスを飲む時には、食後は避けましょう。食後は、せっかく飲んだ薬の効果が出にくい場合があるのです。できれば、空腹時、食間がおすすめです。

そしてラシックスの注意事項は以下です。
他の降圧薬と併用するときは、用量等に注意し、血圧が下がりすぎないようにします。抗生物質の組織内濃度が上昇し、副作用が増強する可能性があります。とくにアミノグリコシド系抗生物質による聴覚障害、セファロスポリン系抗生物質の腎毒性に注意が必要です。心臓の薬のジギタリス薬と併用するときは、効きすぎによるジギタリス中毒に十分注意します。

連用時は電解質失調が現れることがあるので、定期的検査をおすすめいたします。 降圧作用によりめまい、ふらつきが生じることがあるので、服用後の運転は控えてください。 以下の症状がある方はご使用にならないでください。 無尿、肝性昏睡、スルフォンアミド誘導体に過敏症の既往歴、腎毒性物質又は肝毒性物質による中毒で起きた腎不全、著しい循環血液量の減少若しくは血圧低下です。

ラシックスの飲み方について

ラシックスは利尿剤として、腎臓などの内臓機能の衰えによる、むくみを改善する効果があるお薬です。むくみは、体内に水分が過剰に溜まることによって起きますが、ラシックスは尿量を増やし、体内の過剰水分を排出させる、利尿作用があります。利尿剤としては非常にポピュラーなお薬であり、正しく使用すれば素早い効果が期待できるお薬です。では、効果的なラシックスの飲み方は何でしょうか?本文では、効果的なラシックスの飲み方の情報についてご紹介します。

ラシックスは、むくみの原因となる余分な水分を除去してくれる利尿剤です。腎臓は、血液中にある老廃物や余分な水分を体外に排出する働きがあり、排出されるのが尿という事になります。

ラシックスの飲み方は以下通りです。
高血圧症には1日1回40~80mgを1~2回服用、 むくみを取る場合は1日1回40mgを連日あるいは隔日服用してください。 腎機能不全の場合はさらに大量を用いることもあります。また、悪性高血圧に用いる場合は他の降圧剤と併用する必要があるので、 服用は医師の指導の下、行うことが必要です。

このフロセミドがむくみを取るため、ダイエットにも効果があると一時注目を集めました。ラシックス40mgの使用方法は、通常成人は1日1回1~2錠を、毎日または一日おきに服用します。腎機能不全などの場合はさらに量を増やして服用する場合があります。悪性高血圧に使用する場合は通常他の降圧剤と併用します。利尿効果が急激に現れることがあるので、脱水に注意し、少量の服用から開始し徐々に増量してください。